家事代行に必要な資格

料理家事代行サービス会社で働くとなると、パートとして正社員としても、特別必要な資格はありません。求人情報を見ても必須の資格はなく、会社が規定している勤務時間に働くことができれば、仕事を開始できます。ただし、清掃や洗濯、料理などを行うので、最低限のスキルは必要です。掃除しても部屋に汚れが残っている、料理を作っても美味しくない、となれば誰も家事を依頼したいとは思いません。掃除や料理など最低限のレベルのスキルは必要です。普段から家事などをしていれば、そのままそれがスキルともなります。

ただ資格としては、家事に繋がるようなものもあります。ハウスクリーニング技能検定整理収納アドバイザーなどがあります。また栄養士調理師なども役に立つかもしれません。このような資格は、日本家事代行協会や日本ハウスクリーニング協会で講座を開いており、受講もできます。

家事代行会社によっては、これらの資格を取得していると時給アップなどに繋がるかもしれません。残念ながら会社では仕事の仕方など研修制度のあるところはありますが、資格取得サポート制度を設けているところはないので、仕事で必要と思えば、あなた自身で取得することになります。


**関連記事**

時給やサポート内容

研修働くための家事代行サービス会社を選ぶときは、サービス利用者時給サポート、この3つを中心にして選んでいきます。

この業界はまだ成長段階の市場であり、新規参入会社も多く、サービス利用者の少ない会社もあります。利用者の少ない会社だとあまり仕事はなく、収入は少ないので、サービス利用者の多い会社を選ぶべきです。無難に選ぶならば大手が良いでしょう。

仕事は家事ができれば行うことはできますが、一定レベルの品質のサービスを提供しないとなりません。時給いくらと決められており、仕事をしていけば昇給も望めます。時給が高くて、仕事内容を評価してもらえるような会社が良く、やはり大手が無難です。

そして何よりも教育サポートがあるかどうか、それにより仕事がスムーズにできるか決まります。研修がないと、どのような仕事をすればいいかもわかりませんので、研修などの教育サポートがある会社が良いでしょう。参考例をだしますが、家事代行のミニメイド・サービスでは入社後から7日間の研修が用意されています。そこでみっちりと基本・マナー・対応を学んでいきます。その後もキャリアに合わせてレベルアップ研修やステップアップ研修などが設けられており、その人その人に合った技術を身に付けていくことが可能になっています。

 

入社時には、まず7日間の研修にて掃除の「基本」「マナー」「お客様対応」を学びます。入社後もキャリアに合ったさまざまなレベルアップ研修・ステップアップ研修があり、その人に必要な技術や知識を身に付けていくことができます。

 

このように会社によっては、資格取得の研修があったり、的的な研修を行ったりなど、サポートが充実しているところもあります。サポートがしっかりしており、働くスタッフの教育もあるのような会社ほど、仕事を開始してもスムーズに行っていくことができるでしょう。働くことを検討しているのであれば、こうしたサポート体制のしっかりしたところを見つけるようにしましょう。


**関連記事**

仕事内容

家事代行サービスの仕事は、依頼主の家に行き、依頼された仕事をします。通常は、その前に会社の担当者が依頼主の家で、プラニングや見積を行います。その際には依頼主の身元を確認しています。男性一人の家を訪れることもありますが、その場合はスタッフ2人で訪れることが多いので、女性でも安心です。

窓ふき仕事内容としては、部屋の片付けや掃除、食器洗いや片付け、キッチンやお風呂場などの掃除、窓ふき、植物への水やり、洗濯やアイロンがけ、ゴミ出しや買い物、料理など、普段あなたが行っていることを、誰かにしてあげます。そのような中で、エアコンのクリーニングやレンジフードの掃除など、専門の知識と技術が必要な仕事は、ハウスクリーニングとなるので、家事代行の仕事ではありません

普通は、料理、掃除などとプランごとに分かれているので、料理だけ行う、掃除だけ行うなどの仕事の仕方もできます。実際に仕事をする場合は、週に1日などと時間や曜日を決めて行うことも、会社によっては可能です。依頼があれば依頼主の家に行き、家事を行い仕事が終われば、最後に会社に終了の報告をして終わりです。ちなみに依頼主とのトラブルが発生した場合は、その代行会社の社員の担当者が、仲介に入ってサポートしてくれます。


**関連記事**

家事代行サービスの仕事について

幼稚園家事代行サービスという仕事があり、これはその名の通り、依頼主に変わって家事を行うサービスのことを言います。もちろんサービスを提供するには、家事を代行してくれるスタッフが必要となり、家事が得意であれば、サービス会社の一員として仕事をできます。やはり普段から家事を行っているような主婦の方に適している仕事と言えるでしょう。

普段から家事をしていて得意で慣れていれば、他の人にとってはそれは立派なスキルともなり、社会で役立てられます。家事代行というと、掃除の代行というイメージが強いかもしれませんが、家事には、料理や洗濯、ベビーシッターに買い物代行、ペットの世話まで幅広いです

家事代行の仕事をして収入を得たいという人にも、さらには人の役に立ちたい、社会復帰のために仕事をしたい、空いた時間を仕事に活用したいなど、このような考えの人に適しています。家事代行の仕事をすると自分流の家事のやり方以外に、いろいろなやり方を吸収してスキルを磨けます

最近は共働きで忙しい人や、高齢者、一人暮らしの方など、家事代行のニーズは高まっており、ますます今後必要とされる仕事です。これから家事代行の仕事をしたいという人には、働く場所もどんどん多くなってくるでしょう。仕事を始めるとなると、スタッフを募集している会社に応募してから採用されて仕事開始となりますが、やはりその働く先の会社選びが、気持ちよく働きけるかどうかの分かれ目と言えます。


**関連記事**