時給やサポート内容

研修働くための家事代行サービス会社を選ぶときは、サービス利用者時給サポート、この3つを中心にして選んでいきます。

この業界はまだ成長段階の市場であり、新規参入会社も多く、サービス利用者の少ない会社もあります。利用者の少ない会社だとあまり仕事はなく、収入は少ないので、サービス利用者の多い会社を選ぶべきです。無難に選ぶならば大手が良いでしょう。

仕事は家事ができれば行うことはできますが、一定レベルの品質のサービスを提供しないとなりません。時給いくらと決められており、仕事をしていけば昇給も望めます。時給が高くて、仕事内容を評価してもらえるような会社が良く、やはり大手が無難です。

そして何よりも教育サポートがあるかどうか、それにより仕事がスムーズにできるか決まります。研修がないと、どのような仕事をすればいいかもわかりませんので、研修などの教育サポートがある会社が良いでしょう。参考例をだしますが、家事代行のミニメイド・サービスでは入社後から7日間の研修が用意されています。そこでみっちりと基本・マナー・対応を学んでいきます。その後もキャリアに合わせてレベルアップ研修やステップアップ研修などが設けられており、その人その人に合った技術を身に付けていくことが可能になっています。

 

入社時には、まず7日間の研修にて掃除の「基本」「マナー」「お客様対応」を学びます。入社後もキャリアに合ったさまざまなレベルアップ研修・ステップアップ研修があり、その人に必要な技術や知識を身に付けていくことができます。

 

このように会社によっては、資格取得の研修があったり、的的な研修を行ったりなど、サポートが充実しているところもあります。サポートがしっかりしており、働くスタッフの教育もあるのような会社ほど、仕事を開始してもスムーズに行っていくことができるでしょう。働くことを検討しているのであれば、こうしたサポート体制のしっかりしたところを見つけるようにしましょう。


**関連記事**